STOPエラー 0x000000F4

STOP: 0x000000F4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
KERNEL_DATA_INPAGE_ERROR

上記のようなSTOPエラーWindows XPなどで発生することがあります。

原因としては、

一部のマザーボードでWindows XP以降のOSを使用する場合に発生することがあるとのこと

PATAおよびSATAのIDEケーブルの交換やWindowsをインストールしなおすことでSTOPエラーが改善されるケースがあるようですが、一概にはいえないようです。

他にも、

STOP: 0x000000F4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
MULTIPLE_IRP_COMPLETE_REQUESTS

Usbhub.sysドライバで競合状態のため

更に他にもWindowsServer2003で、

STOP: 0x000000F4 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
CRITICAL_OBJECT_TERMINATION

文字情報を格納するバッファのサイズを間違って処理したため

等、複数あるようです。

※全てが上記に該当するとは限りません。

MicrosoftでXP(1)の対処法や詳細を確認するにはこちら

MicrosoftでXP(2)の対処法や詳細を確認するにはこちら

Microsoftで2003Serverの対処法や詳細を確認するにはこちら


posted by ふーま at 18:52 | エラーコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STOPエラー 0x0000002E

STOP: 0x0000002E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
DATA_BUS_ERROR

上記のようなSTOPエラーがWindows2000ベースのコンピュータなどで発生することがあります。

parameter1 - 障害を起こした仮想アドレス
parameter2 - 障害を起こした物理アドレス
parameter3 - プロセッサ ステータス レジスタ
parameter4 - Faulting instruction レジスタ

原因としては、

システムメモリでパリティエラーが検出されたことを示し、主にハードウェアトラブルの可能性が高いようです。

その他としては、RAMの速度が一致しない場合や、ハードウェアに互換性がない場合にこのSTOPエラーが起きる可能性があるようです。

※全てが上記に該当するとは限りません。

Microsoftで対処法や詳細を確認するにはこちら

posted by ふーま at 23:39 | エラーコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STOPエラー 0x0000007E

STOP: 0x0000007E (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED

上記のようなSTOPエラーWindows XPにアップグレードした後などに発生することがあります。

原因としては、

1.ハード ディスク領域の不足

2.BIOS の非互換

3.ビデオ アダプタ ドライバの非互換

4.RAM の破損

5.デバイス ドライバまたはシステム サービスの破損

6.サードパーティ製リモート制御プログラムの非互換

等があるようです。

対処法としてはハードディスクの容量を確認するとか、BIOSの更新を行う等があるようです。

上記に問題がない場合でもSTOPエラーが頻発するようであれば、ウイルス感染の可能性もあったり、常駐プログラムが何かしらの問題を引き起こしている可能性もあるので、ウイルス対策ソフトや、セーフモードで立ち上げて問題の切り分けを行うのが良いかもしれません。
必要とあればアンインストールも行ってみましょう。

※全てが上記に該当するとは限りません。

Microsoftで対処法や詳細を確認するにはこちら
posted by ふーま at 16:34 | エラーコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。