STOPエラー 0x0000007F

STOP: 0x0000007F (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
UNEXPECTED_KERNEL_MODE_TRAP

上記のようなSTOPエラーWindowsの実行中に発生することがあります。

原因としては、

1.メモリ(RAM)の破損など、低ハードウェア障害
2.メモリモジュールの不一致
3.マザーボード不良

対処法としては、
・上記のハードウェア関連が怪しいので調べてみる。
・チェックディスクを行ってみる。
・セーフモードで立ち上げてみる。
・ウイルススキャン等の実施。

このSTOPエラーだとハードウェア関連の問題である可能性が高いようですが、その他の対処も実施してみる価値はあると思います。

※全てが上記に該当するとは限りません。

Microsoftで対処法や詳細を確認するにはこちら


posted by ふーま at 17:20 | エラーコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STOPエラー 0x0000007B

STOP: 0x0000007B (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
INACCESSIBLE_BOOT_DEVICE

上記のようなSTOPエラーWindows XPのセットアップの際などに発生することがあります。

原因としては、

1.ブート セクタ ウイルスに感染している際に起きる事がある。

2.デバイス ドライバに問題がある

・コンピュータのブートコントローラが必要とするデバイス ドライバが、スタートアップ処理時に開始するように構成されていない。
・コンピュータのブート コントローラが必要とするデバイス ドライバが破損している。
Windows XP レジストリ内の情報 (スタートアップ処理時に読み込まれるデバイス ドライバに関する情報) が破損している。

とのこと。

対処法としては、
1.ウイルスに感染しているのであればウイルス対策ソフト等で駆除する

2.ウイルス対策ソフトでもSTOPエラーが改善されない場合はハードディスクをフォーマットし、パーテーションの再構築を行い、XPをインストールしなおす。

等があります。

※全てが上記に該当するとは限りません。

Microsoftで対処法や詳細を確認するにはこちら

posted by ふーま at 14:36 | エラーコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STOPエラー 0x00000027

STOP: 0x00000027 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)

Windows Server 2003 のコンピュータが予期せず、再起動して STOPエラー 0x00000027が発生することがあります。

原因としては、
リダイレクトされるドライバ Buffering SubSystem (Rdbss.sys) ドライバで同期の問題のために発生するとのこと。

また、Windows 2000でも下記のようなSTOPエラーが発生するようです。

STOP 0x00000027(parameter1, parameter2, parameter3, parameter4)
RDR_FILE_SYSTEM

上記のSTOPエラーはメモリ関係によるものが多いので、メモリの増設、交換で直る場合があるようです。

※全てが上記に該当するとは限りません。

Microsoftで2003の詳細を確認するにはこちら

Microsoftで2000の詳細を確認するにはこちら

Microsoftで2000のトラブルシューティングを確認するにはこちら
posted by ふーま at 16:22 | エラーコード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。